Falling Number® フォーリングナンバー法

Falling Number® フォーリングナンバー法は標準化されており、測定は常に一定の方法で行われなければなりません。手順は以下の通りです。フォーリングナンバー法について理論・背景の詳細はこちらから。

1. サンプルの準備
全粒サンプルの場合、ラボミルLM 3100またはLM 120を用い、0.8㎜シーブを使ってサンプル300gを粉砕します。サンプリングによる誤差を防ぐため、サンプル量は多くします。小麦粉サンプルの場合は代表サンプルを使用します。

2. 秤量
7.0 ± 0.05 g の全粒粉または小麦粉を秤量し、ビスコメーターチューブに入れます。サンプル量は実際の水分量によって調整される必要があります。

3. 蒸留水の添加
25 ± 0.2 ml の蒸留水をチューブに加えます。

4. シェーキング
垂直に振とうしてサンプルと蒸留水を混和します。均一に分散するようにしてください。

5. 撹拌
ビスコメーターチューブにスターラーをセットし、沸騰したウォーターバスに入れて機器をスタートします。5秒後に撹拌が自動で開始されます。

6. 測定
60秒後(5 + 55秒)、トップポジションでスターラーが自動でリリースされます。スターラー自体の重みで沈降を開始します。

7. フォーリングナンバー値
機器のスタートからスターラーが規定位置に到達するまでのトータルの時間が記録されます。これがフォーリングナンバー値です。