利点と特長

ダイオードアレイ・テクノロジー

ダイオードアレイ技術にはいくつかの重要な利点があります:
- すべての波長を同時に測定できます。測定対象が動いている場合、この点は非常に重要な利点となります。ダイオードアレイはデジタルカメラがイメージを取り込むようにすべての波長を同時に測定できます。スキャニング・モノクロメーター方式やフィルター方式、FTNIR方式を含む他の分光技術ではそれぞれの波長を連続して測定します。測定対象が動いていると波長ごとに完全に同一の部分のデータを収集することはできません。そのため測定対象が動いているインライン・オンラインではダイオードアレイ方式が最も適しているとされています。

優れたS/N比とパフォーマンス
スキャン速度
優れたメンテナンス性

機器は傷がつきにくいサファイアウィンドウに取り付けられています。 機器の寿命を延ばし、測定性能を向上させ、頻繁なサービス訪問の必要性を少なくします。

業界標準のコミュニケーションインターフェース

既存の制御システムにシームレスに統合するため、計測器にはOPCサーバーが装備されています。 機器、制御システム、および他のシステム間のすべての通信は、これを利用することができます。

オープンな情報アーキテクチャ

データは、SQL Serverデータベースへのアクセスに使用できます。

カメラ

カラーカメラにはいくつかの利点があります:
- 色に関するL*、 b*、 a*値の測定ができます
- 小麦粉、セモリナ͡粉などその他粉体中のスペックの検出を可能にします
- ライブビデオによる動画によってトラブルシューティング時にも安心して作業できます
- 製品が流れているかと待っているかを検出します

デュアルランプと自動切換え

長期的な安定性

ダウンタイムと費用のかかる緊急修理を避けるため、システムはデュアルランプ方式が採用されています。一つ目のランプが寿命を迎えても、二つ目のランプに自動的に切り替わり、シームレスなオペレーションを可能にします。

内蔵された標準の測定が機器の長期的な安定性を高めています

機器間差の解消

工場内に、または別事業所に設置されるすべての機器が同じ測定結果を出すことは測定機器の実用化における重要なポイントです。この点を実現するための大きな特徴の一つがダイナミック・ウェブレングス・アクシス・スタビライゼーションです。波長軸を安定化させることでペルテン社のDA分析装置は極めて高い検量線の移植における安定性とラボモデルとオンラインモデルの同調性を実現しています。

製造現場の環境に適した堅牢なデザイン

機器は製造設備内など精密機器には過酷な環境でも長期間、トラブルなくお使いいただくためにデザインされ、組み上げられています。高いレベルの防塵、耐振動設計とATEX、IECExに基づく防爆仕様でほとんどの製造現場に設置することが可能になっています。

メンテナンス性

機器はメンテナンスしやすくデザインされています。扱いやすいパーツの配置やモジュール化など修理や清掃が簡単にできるよう工夫されています。また警告やエラーメッセージも分かりやすく工夫しています。

メンテナンス性の向上とそれによるメンテナンスコストの軽減、ダウンタイムの短縮のために機器は以下を含むさまざまな診断ツールと特長を備えています:
- ステータスを示す背面のLEDインジケーター
- 警告やエラーを記録するログファイル
- ウィンドウズ標準ツールを用いたリモートアクセス(ソフトウェアの更新、メンテナンス、トラブルシューティングが可能)
- 耐久消耗部品への簡単なアクセス