テクノロジー

ハンマー ミル

ハンマーミルは高速で回転するスチール製の「ハンマー」がサンプルを粉砕し、シーブ通過したサンプルがチャンバーから排出されます。 異なるシーブを選択することで、サンプルの粒度を調整できます。 ハンマーミルは一般に微細で均質なサンプルの調整のために使用され、ペルテン社のハンマーミルは最大300グラムのサンプルを粉砕することができます。300gはフォーリングナンバー法において規定されるサンプル量です。 粉砕時に熱の発生および粉砕チャンバーを通る空気流が多いため、このタイプの粉砕機は穀物水分測定には使用しません。

ディスク ミル

ディスクミルは、歯付いた固定の金属ディスクともう1つの回転金属ディスクとの間でサンプルを粉砕します。 水分を失うことなく粉砕することができるため、ディスクミルの主な用途は穀物の水分測定です。 ミルからの粒径は、固定ディスクと回転ディスクとの間の距離を変更することによって調整することができます。ディスクは複数の種類から選択できます。