モデル&アクセサリー類

サンプルの前処理法は試験法によって定義されます。このため、問題の分析のために正しい前処理法を選択することが重要です。ペルテン社がご紹介するラボミルは、ハンマー型とディスク型の2つのタイプがございます。ディスク型のミルは水分測定を目的としたサンプルに、ハンマー型はその他のフォーリングナンバーやグルトマティック、NIRなどの測定を目的としたサンプルに使用されます。詳細は”テクノロジー”のページをご参照ください。

”モデル セレクション ガイド”を参考にしていただくことで、お客様に最適なモデルが見つかります。弊社お客様窓口にもお気軽にお問い合わせください。

ラボミル LM3100

LM 3100 は堅牢性の高い金属製機構を内蔵した消音構造ののハンマー型ミルです。フォーリングナンバー法(指定)、グルトマティック法(指定)、ケルダール法、NIR分析に適しています。サイクロン式でサンプルを回収し、サンプル間の清掃はサンプルによるセルフクリーニングでも運用可能です。

ラボミル LM120

さらにシンプルなハンマー型のミルです。サンプルはナイロンバックに回収され、LM3100と同じアプリケーションに用いることができます。

ラボミル LM3310

穀物の水分を測定するサンプルの粉砕を目的としてデザインされたディスク型のミルです。常圧乾燥法およびNIR分析法で認証されています。AACCの標準法No. 55-30 のPSI (Particle Size Index)による小麦のハードネスの測定でも認証されています。最大50gまで粉砕することができます。

ラボミル LM3610

LM 3610大容量タイプのディスク型ミルで、常圧乾燥法とNIR法の両方で認証されています。粗飼料原料やペレットなど大きな粒のサンプルの粉砕にも適しています。LM 3610はLM3310よりも多くのサンプル量の粉砕に対応します。

 

アクセサリー類

ミル フィーダー Mill feederMill Feeder

モーター搭載のラバーパドルを備えたミル フィーダーは一定速度でミルにサンプルを供給できます。高水分の穀物や大麦やオーツ麦、籾米など皮付きのサンプルの粉砕をスムーズに行います。一定の供給スピードを保つことで粉砕の効率も上がり、オーバーフィーディングによるモーターの歪みを軽減します。