アプリケーション

パン、パスタ・麺類などドウを基本にした製品は小麦粉中のグルテンの量と品質に大きく依存します。育種から製パンまで小麦の流通に関わるすべての人にとってグルトマティックシステムによるグルテン特性の測定と管理は有益な情報となります

育種

小麦粉を抽出することなく、機能的プロパティを早い段階で測定できることによって、育種では適性な株の選抜に役立ちます。

穀物取引

様々な用途に使われる製品の安定供給や取引における利益を最大にするために入荷する小麦のグルテン量と品質は基本的な情報です。簡単に、迅速に区分を行う方法として用いることが出来ます。

製粉

高品質の製品を低価格で販売することを防いで取扱いマージンを最適化し、製粉会社は顧客の要望に合わせて小麦粉のブレンドを行うことができます。グルテンインデックス法ではウェットグルテンの量を、それにフォーリングナンバーの結果を組み合わせることで製粉会社は製パン品質を迅速に予測することができ、テスト製パンの必要性を少なくすることができます。

製パン

グルテンのプロパティと構造は以下の目的で重要です。:

  • 生地の形成
  • 発酵、焼成中のガスの保持
  • カマ伸び
  • ローフの形成と保持

製パンの品質はデンプンとタンパク質の特性の両方に関係しているためフォーリングナンバーとグルトマティックの結果の組み合わせは製パン品質の測定として理想的です。グルテンの量と質の情報を得ることで、一定の品質の中で最適なグレードの原料を使用することができます。最高品質の原料を用いることでコストの高いバイタルグルテンの使用を最少化し、実質のコスト削減することができます。

デリュラム粉およびパスタ

作柄のレポートでは重要な品質の指標としてグルテンインデックスが世界的に盛り込まれています。パスタの製造においてもグルテンは以下の点で重要な影響をおよぼします。:

  • 粘りの少ないドウの形成
  • 希望の加工特性の実現
  • 加工の安定性と調理安定性
  • 希望の調理特性を有する製品の入手