ウッドパネルとコンポジットボードのラボ分析・プロセス分析

ペルテン社の35年以上にわたるNIR分析での技術と経験はコンポジットボードとウッドパネル産業でもご活用いただいています

木材ベースの製品の迅速で正確な測定は利益と品質の最適化ならびに罰金の回避に不可欠です。

ペルテン社の第三世代ダイオードアレイNIR分析装置は木材のアプリケーションに求められる迅速性、精度、汎用性、堅牢性を提供します。装置は水分、レジンロードなどの同時多成分分析を数秒で行います。測定速度はオンラインモニタリングを可能にしました。またフルレンジのスペクトラムにより高度な検量線開発技術の利用が可能になりました。難しい項目の測定を可能にするばかりでなく、安定性の高い正確な水分分析を長期間水分分析の定期的な調整なしで行えます。ラボでもアットラインでも、そしてプロセスでも機器は用意されており、分析の必要に応じてお選びいただけます。

アプリケーション例:

  • パーティクルボード – レジンロード、ボード中水分、チップ中水分
  • MDF – ボード中水分、繊維水分、レジンロード
  • 樹脂 – モル比、ドライマター、メラミン量

具体的なご相談は取扱店にご連絡ください。