競争力が高まります

デンプンの加工は管理と特徴づけが求められます。RVAは異なるタイプのデンプン加工を認識することが可能で、プロセスにおいても品質管理ツールとしても加工の程度を定量化することに使用できます。RVAがデンプンの加工プロセスの品質管理で、流動性やその他の測定法で得られた伝統的な結果を推定するために使用できます。

RVAは構成されていない機器や作業者による誤差から解放され、迅速に結果を提供できる、技術者の作業面を考慮した場合には低コストで決して高価ではない分析装置です。RVAの測定をプロセスに組み込むことで測定の結果を製造中に提供することができ、大きなバッチの製造品の品質の確保が可能になります。