経済的なメリット

より厳密な製品規格は製造側にとっても購入側にとっても経済的にメリットがあります。製造者にとって製品規格のより厳密な管理は競争上、有利に働きます。購入者にとっては粘性特性が、テクスチャー、粘度、ゲル化、乳化の安定、結着、結合、保水、膜形成、製品の均一性、脂肪の代替など目的に合致しているか確認できます。

様々な食品や食品加工条件における加熱、シヤー、酸による処理に対する耐性など素材の機能的な特性を確認することも出来ます。前持った素材の測定は商品開発または製造プロセスにおいて時間を節約し、イライラを解消してコストの削減にもつながります。