デンプン加工におけるペルテン社の分析アプリケーション

機能性の測定

RVAのStandard 1プロファイルを使えば13分で天然デンプンの糊化品質については簡単に評価できます。メイズ、ジャガイモ、小麦、タピオカ、その他の天然デンプンを特徴づけのためにRVAを用いた糊化測定はレポートされます。

天然のデンプンは幅広い製品中で適切に機能するための汎用性に欠けるため、一般的には特定の用途によりマッチするよう加工が施されています。加工デンプンは菓子、乳製品、パン、ノンフライ菓子、バッター、パン粉類、フィリング、フロスト製品、食肉・すり身製品、ソース、グレービー、スープ、ドレッシング、飲料など様々な加工食品で使用されます。現代の食品産業の多様性と加工食品のバラエティは澱粉に種々の流通保管、最終的な製造条件と同様の加工技術の広い範囲に対する対応を要求します。加工デンプンはRVAによって加工段階によるデンプンの区別と用途に合わせた製品規格に合致しているかを簡単に評価することが出来ます。

RVA の分析法はアルファ化デンプンを含む化学的、物理的加工デンプンの日常的な特性評価に対し、考案されています。 

成分測定

原材料の水分とデンプン量は生産能力を決定します。プロセスにおける中間加工品のモニタリングは最適化と効率の改善に役立ちます。