アプリケーション

アプリケーション

成分測定

水分、脂肪の値は製造コストにも製品の品質にも大きく影響します。値をモニタリングすることで水分と脂肪の値を最適な状態に調整することが可能になり、原材料の使用を最適化しつつ望んだ品質の製造を可能にします。

条件を限定すればスパイスや塩分の測定も可能です。添加量が適切に保たれているか、最終製品が規格に合致しているかをご確認頂けます。

機能性測定

ラピッド・ビスコ・アナライザーには、製品またはプロセスの開発や最適化向けのスケールアップしてすぐに移行できるアプリケーションがあります。これらは特にノンフライタイプのスナックフードでお役に立ちます。

  • 原材料品質とデンプン質の特性 原材料の糊化品質は最終製品のテクスチャーや食感に影響します
  • プレ加水の最適化 最終製品の口どけを改善します。水の分布やエクストルーダーの調理度合、バレルの摩耗などに影響されます。
  • 原材料や配合、プロセスの変更の影響を定量化 製品品質はスクリューとバレルの設定、スクリューの速度、加工条件(温度・水分など)、原材料の特性、ダイ・ナイフの選択などに影響されます。
  • スケールアップと移行時の問題の定量と理解 トラブルシューティングに使えます。製品の品質は原材料の特性とプロセス装置と条件に影響されます。
  • ベンチマーク シングルスクリューのエクストルーダーで製造されるスナックをツインスクリューのエクストルーダーで製造した場合と比較できます。
  • バッチごとの測定 規格外の製品を減らすことで時間とコストの軽減と廃棄、再作業の削減が可能になります。
  • 既存製品や競合品との評価 市場の競合品との比較評価を可能にします。