食肉向けの製品 - MSCの分析

水分、タンパク質、脂肪の正確なコントロールはMSPの品質に重要でコストに直結しています。

正確なブレンドは利益率の要です。脂肪とタンパク質はコストがかかる部分で水分は消費期限、テクスチャー、用途などに影響します。すべての場合においてコストの軽減は分析の精度とリアルタイムの結果が得られるかどうかに依存しています。

アットライン分析装置Meat Analyzer, DA 7250 SD, Mechanically Separated Chicken - DA 7250 SD

アットラインNIR装置のDA 7250 SDを用いて作業者は24時間365日地、自身で分析することができ、その場で結果が得られます。結果はプロセスの最適化や誤作業の予防に活用できます。

DA 7250 SDは凍結前・凍結後のMAP製品について水分、タンパク質、脂肪そして灰分を 正確に分析します。サンプルを使い捨てのカップに詰めて、機器の中央にセットしAnalyzeボタンを押すだけで結果は数秒後に表示され、内部ドライブに保存されます。結果はWEBレポーティングに接続されたディバイスからいつでもどこからでも閲覧することが可能です。

USDA認証の衛生デザインインライン分析装置 - DA 7300 SD

DA 7300 Diode Array Sanitary Design for MSC, Meat, Poultry, and Dairy AnalysisDA 7300 インラインNIRを用いることで製造施設は24時間365日の分析能力を持つことになります。機器は製造の制御システムに組み込むことが可能で、マニュアルでも自動でもプロセスを最適化することができます。

DA 7300はプロセスに直接組み込むことができます。MSCはウィンドウから製造ラインの稼働中のプロファイルを連続的に測定されます。結果を用いてマニュアルまたは自動で脂肪値、タンパク質値ブレンドの最適化を行えます。一体化したカメラがパイプの中を常に監視することを可能にしました。管理者はシステムにリモートアクセスして数時間前までの製造をモニターし、システムのアラームを確認できます。