UFA

UFA AG はスイス最大手の飼料メーカーです。4工場で主に家禽、ブタ、ウシ用の飼料を100種類以上低蔵しています。UFA AGはISO 9001を取得しており、品質と技術的専門知識に強い関心を持っています。製品また、技術的なアドバイスを顧客に提供しています。

UFA AG が製品の品質を維持しつつ効率を改善しようと考えた際、ペルテン社と現地の代理店であるImpanaに分析ソリューションのサポートを切り替えました。コストと品質は飼料原料によって決定することを意識したため、 UFA AGは飼料原料と最終製品の品質を検査する迅速法に興味を示しました。ペルテン社は飼料業界で世界的に使用されているDA 7200 NIR フィードアナライザーをお勧めしました。

UFA AGでの評価は分析パフォーマンス、ハンドリングその他の実用的な側面へと移っていきました。Perten社とImpana社はUFA AGの評価中、緊密な連携を保ち、しばらくしてUFA AGは導入を決定しました。今日もメリットは明白で、業務に直接反映されています。飼料原料はトラックから荷卸しされる前に測定され、すべてのバッチの最終製品は品質のチェックが行われています。

「迅速分析が時間の短縮とコストの軽減を可能にしました。仕入れの際に品質の低い場合は以前よりずっと早く気付くことが出来ます。飼料設計と製造では目標値に近い混合が行えます。迅速法によって次のバッチからより素早く対応することができます」UFA AG Head of Quality Management and SecurityのDaniel Wieland氏は語ります。 その他の目に見えるメリットとしては化学分析に費やす時間とコストの軽減が上げられます。Wieland氏は年間最大 €50,000の削減を見込んでいます。