Nola社での導入実績

背景

Nola社は南アフリカにある、ドックフードやその他の製品に配合されるコーン、大豆、ヒマワリ種子など農産物の加工を手掛ける会社です。1940年代に設立され、農家としてスタートしました。Nola社は着実な成長を続けており、彼らの製品のいくつかは南アフリカでマーケットをリードしています。

Nola社はペルテン社のインフラマティックを10年以上使用していますが、彼らのオペレーションを改善するための最新の技術についても情報を求めています。

Perten社のソリューション

Perten社は最新のダイオードアレイNIR技術を用いたDAフィードアナライザーを紹介しました。最も評価された特長はおそらく、ヘイやフィードペレットを含む不均一なすべての種類のサンプルを乾燥や粉砕なしで分析できることだと考えられます。

実務上の経験

何年にもわたりNola社はペルテン社の分析装置によるメリットを経験してきました。

一つの例としては、ドッグフードの脂肪分の最適化が上げられます。もし油分が少なすぎれば犬は1日の推奨摂取量を満たすことはできません。しかし、高すぎればカロリーを接種しすぎますし、製造のコストも上がってしまいます。インフラマティック フィードアナライザーを使用し、Nola社はペレットへの油分の添加量を制御できるようになり、バッチごとの原料の最適化と栄養価の確認が行えるようになりました。機器はアットラインに設置され、従事者が必要な時に直ちに対応を行うための迅速法として重宝されています。

もう一つのNola社のアットライン・アプリケーションはドッグフードの最終製品の水分のモニタリングによるメリットです。製品は乾燥工程後直ちに測定され、結果はオーブンの温度や乾燥時間が正しく調整されているかどうかについて情報を提供します。高すぎる水分はカビの増殖のリスクを意味しますし、低すぎれば必要のない乾燥のためのエネルギーコストの浪費と、歩留まりの低下を意味します。

ダイオードアレイを用い、Nola社はドッグフードのペレットとヒマワリ種子の両方をサンプルの粉砕を行わずに分析しています。粉砕が必要なくなったことによって早速4名の異動が可能になりNola社にとってより価値を生む仕事に従事しています。

不均一なサンプルでも測定できるというダイオードアレイの特長によって、Nola社は大豆プレスケーキの油分の安全率を1%小さくすることが出来ました。これによって搾油プラントの効率は目に見えた改善が見られます。経済的な効果は大きく、Nola社のマネジメントはペルテン社から2台目のダイオードアレイ分析装置の購入を決めました。