エクストルードされたペットフードのパフォーマンス分析

品質管理にRVAを使用することでペットフードの製造で利益を得るいくつかの方法があります:

  • 中間製品の加熱具合を分析することでエクストルーダーや調理加熱の問題を見つけます。プロセス中での欠陥を早い段階で見つけることで廃棄とやり直りを減らし、時間とコストを節減します
  • エクストルーダーにかける前にデンプンを受け入れで測定することで、乳化したデンプンの品質を単独で確認することが出来ます。デンプン製造ではどの業者が製品品質を確認しているかがわかります

RVAでは製品がどう調理されたかがわかります。粉砕されたペットフードの最終製品の測定では、RVAで加熱具合を数値化できます。この測定によって製品がすべて同じ時間、毎回加熱されているかどうかを確かめることができます。安定した加熱具合はペレットのテクスチャーや消化性の安定に影響します。加熱具合のばらつきは製造が終了する前にエクストルーダーの工程のばらつきを発見します。

RVAの測定は始めてしまえば作業者は同席する必要はありません。結果はデジタルで評価され、接続されたPCに自動で表示されます。RVAは、オペレータのエラーの原因を排除し、オペレータが自身の時間をより効率的に使うことができます。

RVAは使いやすく、コスト効率の良い分析装置で、ペットフードの加熱の安定性を確認でき、すべての顧客にいつでも安定した製品を提供するのに役立ちます。規格を外したバッチを生デンプン、ドウなどどの段階の中間製品でも見つけることが出来ます。