コストの軽減と品質の向上

厳しい競争の中、品質と嗜好性を維持しながら経済的な方法でペットフードの配合と製造を行うことには挑戦を伴います。ペルテン社はこのような相反する目標の達成に役立つ分析装置を複数提供しています

新製品の配合

新しい肉系製品の製造やキサンタンガムなどの素材をテストする場合、ペルテン社の分析装置は開発プロセスのスピードアップに貢献します。ラピッド・ビスコ・アナライザー(RVA)を原料素材の必要とされる特性を確認し、安定した品質のペットフードの製造するためにご活用ください。新素材についてコストの最適化と機能性の評価にも使用できます。これらの製品をTVTテクスチャライザーで分析することで、R&Dと商品開発部門は求められる品質と嗜好性に合ったウェットタイプのペットフードやエサとして適した耐久性のペレットなど、新しい製品を作ることができます。 

原料素材の測定

ペットフードの素材は成分と機能性の両方について求められるものがあります。いくつかの素材は栄養価を満たすために、 別の素材は耐久性、口当たりのよいテクスチャー、または適切な結着具合のために添加されますが、ペルテン社はどちらの分析もサポートしています。

DA 7250は水分、タンパク質、脂肪、繊維、灰分など栄養成分を推定値として6秒で測定します。迅速かつ正確で、使いやすく、汎用性も堅牢性も高い分析装置です。DA 7250は専門性の高い小規模な企業から最大規模の企業までお使い頂けます。

RVAは製造ラインで原料素材が正しく機能するかについて事前に確かめるために使用されます。情報を下に調整や追加を行い、ダウンタイムを減らして、廃棄ややり直しを少なくすることが出来ます。

製造中の測定

DA 7300とDA 7440 のインライン・オンライン分析装置はプロセスのモニタリングにおいて代わるものがありません。測定結果は原料と肉のブレンドの最適化に利用され、乾燥工程を最適化し、スプレーによる脂肪の添加をモニターすることが出来ます。

乾燥工程の最適化

水分が高すぎるとカビの汚染のリスクを高めますが、低すぎると利益率が下がってしまいます。DA 7250は乾燥時間と温度の素早い調整のためにドライヤー工程の後の水分を測定することができます。

脂肪分スプレーの最適化

Using a DA 7250の使用はペレットの脂肪分のスプレーの最適化を可能にし、製造コストを軽減して栄養価の規格を満たします。サンプルは粉砕を必要とせず、数秒で測定できるので、簡単に測定して製品の脂肪分を調整することが出来ます。

品質を確かにします

ペルテン社の分析装置は製造設備から何が出荷され、顧客の要求を満たしているかについて確認することが出来ます。RVAはエクストルードされた製品の加熱具合を測定し、消化性の確認を可能にします。DA 7250とDA 7300は製品が栄養的な規格を満たしているか確認します。そして最終的にはTVTでペットの嗜好に合わせながら取扱いや配送の中で製品が形状を維持出来るかどうか確認できます。