チーズの分析

チーズの成分構成

DA7250NIR分析システムを使用してチーズの水分、脂肪、pH、塩分を6秒で測定できます。おろし、ブロック、スライス、中心部を測定できます。サンプルはクリーンアップの必要がなく、最低限の前処理でオープン状態のディッシュで測定が行えます。バッチ中の代表性を確かにするためにサンプル量を多くできます。

プロセスチーズのブレンド構成

ナチュラルチーズはしばしばブレンドされます。乳化塩やその他の副原料には要望されるフレーバーや機能特性によって多くの選択肢があります。製造工程の中でチーズとその他の副原料は混合され、融解(一般に70~85℃で)して均一な混合物になります。構成は以下の理由から極めて複雑です。:

1. ナチュラルチーズのブレンドは多様であり、常に変化しています
2. 製造システムとパラメータは機能特性に影響します
3. 副原料も機能特性とコストに影響します
4. コストも多様です

RVAの異なるパラメーターからプロセスチーズの様々な情報を得られます。最低粘度は一定温度で加熱した時のチーズの流動性を示します。融解と固化の温度は加熱による溶けやすさ、冷却による固まりやすさを示します。最低粘度と融解/固化温度を組み合わせ似たチーズの判別や、ピザ、ソース、デップなど使用製品をバッチごとに判断することも可能です。

用途と利点:

  • 原材料の使用の最適化
  • チーズの品質を迅速かつ正確にモニタリング
  • 再作業を減らしてコストを軽減
  • 安定した品質の製品を提供することで顧客定着率を改善
  • 仕様に合ったプロセスチーズの構成を可能に
  • 新しい副原料のテスト時にミニチュアプラントとしてとしてRVAを使用
  • 乳化剤などの副原料の使用を最小化し、機能特性を維持しつつ製造しながら原材料のコストを最適化