粉乳などの分析

多様な活用法

粉乳類は幅広い食品の副原料として使用されえいます。こうした多様性が厳しい栄養面、機能特性面での製品規格の背景にあります。NIRとRVAのコンビネーションはプリン製造専用粉乳やプロテインサプリメント用のホエイ粉など、特定の用途を持つ顧客の希望に合ったカスタマイズされた製品の規格管理をサポートします。

NIRを用いた水分や成分の最適化

DA 7250 NIRあならいすべてのタイプの粉乳類の複数の成分を6秒で測定します。オープンタイプのディッシュに単にサンプルを入れて、プロダクトを選択し測定ボタンを押すだけです。結果は6行で表示され、迅速性と使いやすさは工場のオペレーターがバッチごとに測定することも可能にします。

DA7300 インラインNIRは水分、脂肪、タンパク質などを製造ラインからリアルタイムで測定します。乾燥工程の最適化や製品規格の確認に最適です。継続的な測定は抜き取りサンプルに比較して、より有用な情報を得られます。

粘度やゲル化など物理特性の測定に

RVAは多様な条件やマトリックスの下サンプルの粉乳がどのように挙動するかについて有用な情報を提供します。 粉乳類のゲル化温度や加工時や保管時の加熱損傷などの特性を測定できます。任意の計算式、温度、撹拌速度を設定して測定が可能で、パドルの抵抗を継続的に測定しています。

用途と利点:

  • 品質のモニタリングとゲル化温度などによる製品のばらつきの検出
  • 加工時のばらつきの検出
  • 水分値の最適化によるコストの軽減
  • 再作業の防止によるコストの軽減
  • RVAで納品後の製品パフォーマンスを確認
  • 少量サンプルと効率的な熱伝導により、迅速に冷却とゲル化が行え、最終製品の出荷までの時間を短縮