経済的な効果

ラボの効率を改善

インフラマティックNIRグレイン・アナライザーの使用によって複数の品質管理項目の測定に別々の分析機器を使う必要がなくなります。1台の分析機器が水分、タンパク質、バルク比重、油分、でんぷんなど必要なすべての項目を測定します。一人で同時に複数の測定が行えるため、少人数でのラボ運営が可能になります。

穂発芽粒を除去

フォーリングナンバーは配送ごとの発芽ダメージを検出によって投資回収を可能にします。わずか5%の穂発芽の混入によってサイロ全体が飼料用のグレードと化してしまいます。フォーリングナンバーがあればこのような損害は起きません。FNの混入計算テーブルのダウンロードはこちら(pdfファイル)

価格の適正化

グルトマティックとSKCS 4100は配送された製品が使用に合っているかを確認できます。合っていなければ、その特性を知った上で適正な価格を設定できます。大きなロットでは小さな価格差が分析機器の購入価格以上の差を生みます。