競争力が高まります

国としてか企業としてかに関わらず、ペルテン社は競争力の強化に貢献いたします。ペルテンのお客様は個人から公的機関まで幅広く、すべてのお客様のニーズを尊重したソリューションを用意しております。


穀物や油糧種子がコモデティから特産品になってきたようにお客様の需要も変化しています。水分と純度の測定だけで十分な時代ではありません。昨今の穀物・油糧種子の取引では具体的な特性を持つ製品が求められることが増えています。顧客が必要とするものを供給するためには、穀物を籾の段階から選別できる体制を確立しておく必要があります。 

選別がもたらす利益

品質による選別が仕掛けとなります。要するに配送ごとに品質を評価し、品質ごとに保管を行って、異なる価格帯で販売を行うという意味です。これによって次のような利益が生まれます:
· バルク・コモデティとしてではなく、特定の品質を持つ製品として供給が行えます
· 重量ごとの平均的な販売価格を上げることができます
· より安定した品質の製品の供給が可能になります

選別の方法

多くの場合、どのように行うかを説明することは実際に行うよりも簡単です。理論的には単純ですが、以下の5段階が十分に簡潔であっても選別自体は極めて複雑な工程であると考えています。

品質による選別に十分な数のサイロがあることを確認します。必要なサイロの数は実際の状況に   よって異なります

  • いくつ必要かわからない場合は顧客が求める品質特性を調査します
  • 選別に必要なパラメーターによって正しい分析機器を選定します
  • 供給元には高品質の製品に対してプレミアムを設け、必要とされる等級の製品供給に対してインセン・ティブを提供します
  • 受け取る前にバッチごとに測定を行い、品質ごとに保管を行います

 

注 意: 品質の低い製品と品質の高い製品を混ぜて、許容できる範囲の平均的な品質にするのは一般的には良策ではありません。多くの場合、全体の製品品質を低下させる結果を招きます。